グリピカ

飲食店の排水を安全にキレイに

飲食店を運営していると常に悩みの種となるのが清掃。
なかでも問題なのがグリストラップ。
グリストラップとは飲食店の排水口の入り口にある、油や残飯などを直接下水に流さないための装置。
ここの清掃を怠ると配管が詰まったり、臭いや害虫が発生してお店の営業にも支障をきたすことになります。
清掃業者に依頼すると費用がかさみ、かといって飲食店のスタッフにやらせれば負担が大きくなります。
グリストラップから出る汚泥は産業廃棄物の扱いとなり許可業者でないと処理できません。

逆転の発想、石けん化衛生工法

私たち社会環境保安協会がお勧めするのが新たなグリストラップ清掃方法のグリピカです。
グリピカは石けん化衛生工法という特許取得技術を用い、油を含んだ汚泥を石けん水にして清掃に利用します。
捨てるしかなかった汚泥を石けん水に変えると言うコペルニクス的発想で処理できてしまうのです。
その結果、費用の低減や環境負荷の低減などあらゆる面において従来の清掃方法を凌駕します。

グリストラップの清掃にお悩みの飲食店さまはぜひご検討ください。

詳しくはコチラ

投稿日:2020年8月20日 更新日:

Copyright© 一般社団法人社会環境保安協会 , 2021 All Rights Reserved.