光触媒&マイナスイオン機能付き空気清浄機アルキュア

課題が残る大空間でのコロナ対策

屋内のコロナ対策で最も効果あるのが換気。

コロナ対策として一時、多くの施設が採用していた次亜塩素酸水の空間噴霧は効果がないばかりか人に直接かかれば有害ということがわかり、すでに採用されているところはありません。

実態として大空間で可能なコロナ対策は換気だけになってしまいました。

しかし教育施設やスポーツ施設、病院等、大型の施設では換気は容易にできるものではありません。

そこで登場したのが光触媒&マイナスイオン機能付き空気清浄機アルキュアです。

大規模空間に対応したアルキュア

光触媒&マイナスイオン機能付き空気清浄機アルキュアは何故、大空間のコロナ対策に適しているのでしょう?

アルキュアではウイルスやバクテリアの除去に光触媒を採用しています。
ところが今までの光触媒は平面上に塗布されていたため、ウイルスや汚染物質を分解する効率が悪く大量の空気清浄には向かなかったのです。

アルキュアではこの光触媒を100%酸化チタン粉末を固めて作られたビーズタイプを採用しました。
これにより光触媒の表面積を多くでき大量の空気清浄を可能にしました。

そして清浄した空気を大空間(~1,121㎡)に届けるためにハイパワーモーターを採用、最大約45メートルの到達距離を実現し、大空間に対応しました。

おすすめの施設

  • スポーツ施設
  • 教育施設
  • 病院・医療機関・老人施設
  • ホテル・ロビー
  • 展示会場等
光触媒とは
光触媒とは紫外線と化学反応させて有機化合物や細菌などの有害物質を除去することができる環境浄化材料です。

アルキュアの光触媒はコロナウイルスに有効なのか

アルキュアで採用されているUV光触媒は本当にコロナウイルス対策に有効なのでしょうか。

アルキュアの光触媒は東京工業大学、奈良県立医科大学の実験のもと、世界で初めて新型コロナウイルスの不活化を確認しました。

東京工業大学(物質理工学院 材料系 宮内雅浩教授)、奈良県立医科大学(微生物感染症学講座 中野竜一准教授)、神奈川県立産業技術総合研究所(研究開発部 抗菌・抗ウイルス研究グループ)の研究グループは世界で初めて可視光応答形光触媒材料(CuxO/TiO2)による新型コロナウイルスの不活化を確認しました。その不活化条件を実験的に明示することにより、光触媒による抗ウイルス効果を学問的に示しました。

引用:可視光応答形光触媒による新型コロナウイルス不活化を確認 2020.10.05

空気清浄機としても優秀なアルキュア

アルキュアは空気清浄機としての基本性能にもこだわりました。

4層のフィルターで空気中のホコリやゴミ、臭いや化学物質、PM2.5などの微粒子、ウイルスやバクテリアまで吸着・除去します。

光触媒&マイナスイオン機能付き空気清浄機アルキュアは、

「きれいな空気の空間で安全を確保する」

をモットーとし社会に貢献いたします。

小規模空間にも対応

車内や居室、オフィスや店舗などに適した小型・中型の機種もご用意しております。

大空間のコロナ対策にお悩みのみなさま、光触媒&マイナスイオン機能付き空気清浄機アルキュアをぜひご検討ください。

お問い合わせ

投稿日:2021年1月14日 更新日:

Copyright© 一般社団法人社会環境保安協会 , 2021 All Rights Reserved.